外国株式 > 海外ETF > ETF運用会社 >  ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(SSGA)

ETF運用会社  ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(SSGA)

SPDR®とステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズについて
SBI証券で人気のSPDR®ETF一覧
最新レポート/セミナー

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズについて

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(以下、SSGA)(※1)は、過去40年にわたり、各国政府や機関投資家、金融プロフェッショナルの皆様に資産運用サービスをご提供しています。厳密なリサーチや分析、厳しいマーケット環境における経験を礎としたリスク考慮型アプローチをもとに、アクティブからインデックス戦略まで幅広く、コスト効率に優れたソリューションを提案いたします。そしてスチュワード(受託者)として、社会、環境への配慮が長期的な成果をもたらすということを、お客様に理解を深めていただくよう努めています。インデックス運用とETF、ESG投資の先駆者として、投資における新しい世界を常に切り拓き、約3.05兆ドル(※2)を運用する世界第3位の資産運用会社へと成長しました。

※1 ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは、ステート・ストリート・コーポレーションの資産運用部門です。

※2 2020年6月30日現在。運用資産額には、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ・ファンズ・ディストリビューターズ・エルエルシー(以下「SSGA FD」)がマーケティング・エージェントを務める運用資産残高の695.2億ドルが含まれています。SSGA FDはステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズの関連会社です。

SPDR(スパイダー)とその特徴

SPDR®はSSGAが提供するETFのブランドです。米国における第一号のETFである「SPDR® S&P500R ETF(SPY)」を設定したETFのパイオニアとして知られています。SPYは2018年1月29日に米国上場25周年を迎え、純資産総額、流動性ともに世界最大(※3)のETFに成長しています。

※3 Bloomberg Finance L.P., 2020年6月末現在。

SPDR ETFは、純資産総額では世界シェア3位ですが、流動性においては1位であることはご存じでしたでしょうか?ETFの保有コストに関しては「総経費率」のみに着目する方が多いかと思いますが、実は「流動性」も重要なポイントです。右のグラフは2020年1月から5月末までの米国上場ETFの出来高を運用会社別に集計したものですが、SPDRは全出来高の約4割を占めており、流動性に関して言えば、残高シェア上位2社の合計よりも高い点がSPDRの特徴と言えます。

米国ETFの出来高シェア(2020年1月~5月)

出所:SSGA、ブルームバーグ。2020年5月末時点

また、流動性は出来高の多寡だけでなく、「ビッド・アスク・スプレッド」でも測ることができます。「ビッド・アスク・スプレッド」とは、ある時点における買い気配値と売り気配値の差のことをいい、この差が小さいほど流動性が高いと考えることができます。

次の表は、SPDR ETFの平均的なビッド・アスク・スプレッドを業界全体のデータと比較したものになります。2020年3月にも見られたように、ビッド・アスク・スプレッドは市場の急落局面などにおいては拡大する(=流動性が低下する)傾向がありますが、SPDR ETFは相対的にタイトなスプレッドで投資家に売買機会を提供できていたことを示しています。

残高が多く、人気が高いETFはスプレッドが小さい傾向にあるものの、経費率のみでコストの大きさを判断するのは正しくないことがお分かりいただけるかと思います。特に、短期間で売買を繰り返す投資スタイルの場合、経費率以上にスプレッドによるコストを負担することになりますので、銘柄選びの際には、是非流動性にも注目してください。

ステート・ストリートの低コストETF

特定のETFを数年単位の長期で保有し続ける場合は、「流動性」よりも「経費率」の方がコストとしての比重が高くなると考えられます。そのような長期投資家に対し、ポートフォリオの中核として利用していただくことを目的として、経費率を低く抑えたETFが「SPDRポートフォリオ・シリーズ」です。

「SPDRポートフォリオ・シリーズ」では、2020年6月時点で16本のETFを国内で届出しています。特に「SPDRポートフォリオ S&P500 ETF(SPLG)」は2020年1月にベンチマーク変更を実施したことで、経費率(年率0.03%)においても競争力のあるS&P500指数連動型の商品となっています。

ティッカー

ファンド名

ベンチマーク

総経費率

SPLG SPDRポートフォリオ S&P500 ETF S&P 500指数 0.03%
SPMD SPDRポートフォリオ S&P400中型株式 ETF S&P中型株400指数 0.05%
SPSM SPDRポートフォリオ S&P600 小型株式ETF S&P小型株600指数 0.05%
SPTM SPDRポートフォリオ S&P1500コンポジット・ストック・マーケットETF S&Pコンポジット1500 指数 0.03%
SPYG SPDRポートフォリオS&P500グロース株式ETF S&P 500グロース指数 0.04%
SPYV SPDRポートフォリオS&P500バリュー株式ETF S&P 500バリュー指数 0.04%
SPYD SPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETF S&P 500高配当指数 0.07%
SPDW SPDRポートフォリオ先進国株式(除く米国)ETF S&P先進国(除く米国)BMI指数 0.04%
SPEM SPDRポートフォリオ新興国株式ETF S&PエマージングBMI指数 0.11%
SPAB SPDRポートフォリオ米国総合債券ETF BB※ 米国アグリゲート指数 0.04%
SPSB SPDRポートフォリオ米国短期社債ETF BB 米国社債1-3年指数 0.07%
SPIB SPDRポートフォリオ米国中期社債ETF BB 米国社債中期指数 0.07%
SPLB SPDRポートフォリオ米国長期社債ETF BB 米国社債長期指数 0.07%
SPTS SPDRポートフォリオ米国短期国債ETF BB 米国国債1-3年指数 0.06%
SPTI SPDRポートフォリオ米国中期国債ETF BB 米国国債3-10年指数 0.06%
SPTL SPDRポートフォリオ米国長期国債ETF BB 米国国債長期指数 0.06%

金ETFにも低コスト版をラインナップに追加

金現物を裏付けとする世界最大※のETF(GLD)を運用するステート・ストリート。2019年10月より、小口でのアクセスと低コストを両立した「SPDRゴールド・ミニシェアーズ・トラスト(GLDM)」を国内投資家向けの商品ラインナップに追加しています。流動性に優れるGLDは頻繁に売買を行うための手段として、経費率の低いGLDMは長期で保有するコア・ポートフォリオの一部として、投資目的に応じた使い分けが可能になりました。

  • ※2020/9/30時点

ティッカー

ファンド名

基準通貨

指数

経費率

GLD SPDRゴールド・シェア 米ドル LBMA午後金価格 0.40%
GLDM SPDRゴールド・ミニシェアーズ・トラスト 米ドル LBMA午後金価格 0.18%

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
  • 本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

<手数料等およびリスク情報について>

外国株式のお取引にあたっては、所定の手数料がかかります(手数料はお客さまの取引コース、取引チャネルや外国有価証券市場等により異なることから記載しておりません)。外国株式の取引は、株価や為替市場の変動等により損失が生じるおそれがあります。
詳しくは、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示、または上場有価証券等書面をご確認ください。

海外ETF

海外ETFとは

5分で分かる!米国株式の魅力

総合口座をお持ちでないお客さまはこちら

総合口座を開設する(無料)

海外ETF取引をはじめるには

海外ETF取引には、専用口座の開設が必要です。最短でお申し込み完了と同時に口座開設が完了し、即日で取引可能となります。
(PCからの開設を推奨しております)

ログインして専用口座を開設する

海外ETF関連ページ

page top