SBI証券

アメリカ NOW!

フラッシュ~決算速報:プロクター & ギャンブル(PG)~

2020/1/24
商品開発部 中川 潤一

10-12月期 決算速報(現地1/23寄り前発表)

●決算発表当日の株価:124.99ドル(-1.05%

●売上高:182.4億ドル(予想183.7億ドル)×市場予想を下回った

●調整後EPS:1.42ドル(予想1.37ドル)〇市場予想を上回った

M&Aの影響などを除いた既存事業の売上高(オーガニックセールス)が市場予想を下回ったことで、株価は売りに押されました。同売上高について、2020/6期の通期見通しは引き上げられたものの、足元の業績が市場予想以下となったことのほうが材料視されているようです。

決算発表当日を含む、過去1年間のチャート

※出所:トムソン・ロイター(現地1月23日までの過去1年間、移動平均線は52週)

決算のポイント

●M&Aの影響などを除いた既存事業の売上高(オーガニックセールス)の成長率は5.0%となり、市場予想の5.6%を下回りました。

●2020/6期の通期見通しを修正し、同売上高の成長率について従来予想の3~5%増から4~5%増と見通しを引き上げました。

●ベビー用品などのファミリー部門の同売上高成長率は1%増と軟調となりました。

●一方、ビューティー部門の同売上高成長率は8%増となり、堅調な伸びとなりました。

●2020/6期について、これまで自社株買いの金額は60億~80億ドルの範囲になると想定していましたが、現在は70億~80億ドルの範囲になると想定しています。

経営陣の主なコメント

●10-12月期は「堅調な業績」が示された。

●当社は景気動向の悪影響から無縁ではないが、「以前より良い立ち位置」にある。

●ベビー用品などのファミリー部門を成長軌道に戻すためには「いくらかの時間」がかかる。

●米国の売上高は4%増だったが、中国の売上高は13%伸びた。

●中国で広まっている新型コロナウイルスによる肺炎の影響については、今のところ業績に与える大きな影響は確認されていない。

決算を受けたマーケットの反応

2019年に株価が大きく上昇していたことから、市場の期待値は高く、今回の決算発表ではその高いハードルを越えられなかったという印象です。

もっとも、M&Aの影響などを除いた既存事業の売上高(オーガニックセールス)について通期業績見通しが引き上げられるなど前向きな内容もいくつかみられましたので、市場の高いハードルは越えられなかったものの、それほど悪い決算だったということではないのかもしれません。
(Bloombergがまとめたアナリストの目標株価平均:127.35ドル(1/23時点)

銘柄情報

※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

※本ページでご紹介している銘柄は、当社内売買代金ランキング上位30社(2019/7/1~2019/12/31)の銘柄となります。

※本資料の内容は作成時点のものであり、信頼できると判断した情報源からの情報に基づいて作成したものですが、正確性、完全性を保証するものではありません。本資料に記載の情報、意見等は予告なく変更される可能性があります。

米国株式

SBI証券の米国株式の魅力

総合口座をお持ちでないお客さまはこちら

総合口座を開設する(無料)

米国株式取引をはじめるには

米国株式取引には、外国株式取引専用口座の開設が必要です。最短でお申し込み完了と同時に口座開設が完了し、即日で取引可能となります。
(PCからの開設を推奨しております)

ログインして専用口座を開設する

米国株式関連ページ

免責事項・注意事項

  • ・本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。
  • ・投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。
    ・万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。
    ・本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
  • もっと見る 閉じる
page top