アメリカ NOW!

フラッシュ~決算速報:ウーバー テクノロジーズ(UBER)-2.65%~

OceanProd - stock.adobe.com

2020/8/7
エクイティ部 中川 潤一

決算速報(現地8/6引け後発表)

決算発表後の時間外取引(日本時間9:00時点):33.79ドル(-2.65%)

調整後売上高:19.2億ドル(予想18.2億ドル)〇市場予想を上回った

EPS:-1.02ドル(予想-0.84ドル)×市場予想よりも悪い結果

グロスブッキング:102.2億ドル(予想104.2億ドル)×市場予想を下回った

フードデリバリーサービスの「Uber Eats」事業などを含むデリバリー部門のグロスブッキングは市場予想を上回ったものの、ライドシェア事業などを含むモビリティー部門の落ち込みが市場の想定以上となり、全体のグロスブッキングが市場予想を下回りました。

決算発表直前までの、過去1年間のチャート

※出所:トムソン・ロイター(現地8/6までの過去1年間、移動平均線は52週)

決算のポイント

●ライドシェアサービスやフードデリバリーサービスなどの収入総額を示すグロスブッキングは102.2億ドルとなり、市場予想の104.2億ドルを下回りました。

●ライドシェアサービスなどを含むモビリティ部門のグロスブッキングは前年同期比-75%の30.5億ドルとなり、市場予想の39.6億ドルを下回りました。

●フードデリバリーサービスなどを含むデリバリー部門のグロスブッキングは前年同期比+106%の69.6億ドルとなり、市場予想の62.3億ドルを上回りました。

●月間アクティブ・プラットフォーム・カスマター数(MAPCs)は前年同期比-44%の5,500万人となり、市場予想の9,000万人よりも悪い結果となりました。

経営陣の主なコメント

●2021年末までに調整後EBITDA(利払い・税引き・償却前利益)ベースで黒字化を達成することに引き続き自信を持っている。

●新型コロナのパンデミックからの回復には地域ごとのばらつきがあり、不透明感がある。

●現在のデリバリー事業は2017年のライドシェア事業の規模に匹敵する。

●フードデリバリー事業は黒字化が可能で、黒字になるだろう。

●生鮮食品や日用品などのグロサリーのほか、医薬品の配達など様々な分野で事業を拡大していく。

決算を受けたマーケットの反応

4-6月期の売上高が減収となったことやグロスブッキング、月間アクティブ・プラットフォーム・カスマター数が市場予想を下回ったことなどを受け、株価は時間外取引で売りに押されました。

もっとも、株価は引け後の時間外取引で下落したものの、決算発表前の通常取引時間では+4.55%と時間外取引での下落幅以上に上昇していましたので、全体のグロスブッキングが市場予想を下回ったことなどはネガティブではあるものの、マーケットはそれほど悲観していないとも言えるかもしれません。

Bloombergがまとめたアナリストの目標株価平均:41.69ドル(8/6時点)

銘柄情報

※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

※本ページでご紹介している銘柄は、当社内売買代金ランキング上位30社(2020/1/1~2020/6/30)の銘柄となります。

※本資料の内容は作成時点のものであり、信頼できると判断した情報源からの情報に基づいて作成したものですが、正確性、完全性を保証するものではありません。本資料に記載の情報、意見等は予告なく変更される可能性があります。

米国株式

SBI証券の米国株式の魅力

総合口座をお持ちでないお客さまはこちら

総合口座を開設する(無料)

米国株式取引をはじめるには

米国株式取引には、外国株式取引専用口座の開設が必要です。最短でお申し込み完了と同時に口座開設が完了し、即日で取引可能となります。
(PCからの開設を推奨しております)

ログインして専用口座を開設する

米国株式関連ページ

免責事項・注意事項

  • ・本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。
  • ・投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。
    ・万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。
    ・本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
  • もっと見る 閉じる
page top