米国株決算速報

フラッシュ~決算速報:アマゾン ドットコム(AMZN)+0.33%~

Andrei - stock.adobe.com

2021/2/3
エクイティ部 中川 潤一

決算速報(現地2/2引け後発表)

●決算発表後の時間外取引(日本時間10:00時点):3,391.00ドル(+0.33%)

●売上高:1,255.6億ドル(予想1,197.0億ドル)〇市場予想を上回った

●EPS:14.09ドル(予想7.34ドル)〇市場予想を上回った

●「AWS」純売上高:127.4億ドル(予想127.7億ドル)×市場予想を下回った

 

●1-3月期売上高見通し:1,000億~1,060億ドル(予想957.2億ドル)〇市場予想を上回った

●1-3月期営業利益見通し:30億~65億ドル(予想60.7億ドル)×中央値は市場予想を下回った

 

創業者のジェフ・ベゾスCEOが7-9月期に退任し、取締役会長に就任すると発表しました

市場はベゾス氏のCEO退任をどのように捉えたら良いのか迷いつつも、ひとまず時間外取引では買いがやや優勢となっています。

決算発表直前までの、過去半年間のチャート

※出所:トムソン・ロイター(現地2/2までの過去半年間、移動平均線は200日)

決算のポイント

●創業者のジェフ・ベゾスCEOが7-9月期に退任し、取締役会長に就任すると発表しました。

●後任はクラウド部門のトップであるアンディ・ジャシー氏。

●これまでジャシー氏以外にCEO候補とされていたジェフ・ウィルク氏が退社の意向を発表していたため、ジャシー氏がCEOに就任するということ自体は確実視されていた模様。

●ベゾス氏はアマゾンから完全に離れるわけではなく、長期的なプロジェクトなどには引き続きかかわる模様。

●10-12月期の売上高とEPSが市場予想を大きく上回りました。

経営陣の主なコメント

●ベゾス氏は「去るのではない、『新しい仕事』を得る」のだ。

●ベゾス氏は製品・サービスの開発やイノベーションに深くかかわり続ける。

●ベゾス氏「アマゾンが何かというと、創造だ。我々は『クレイジー』なことをはじめ、それを『ノーマル』なことにしていく。カスタマーレビューや1クリック購入、プライム会員向けの非常に速い発送、そしてKindleやアレクサ、クラウド、その他多くのものだ。もし新たに創造したものが順調にいけばそれは『ノーマル』になり、人々はあくびをするだろう。そうしたあくびは発明者が得られる最高の賞賛だ。当社の業績は、これまで長年にわたる創造の結果だ。アマゾンは現在、今までで最も創造的にみえ、CEO移行のタイミングに適した時期となっている。」

●新型コロナ関連費用は1-3月期に大きく減少する見込み。

決算を受けたマーケットの反応

マーケットはベゾス氏がCEOから退任するというニュースに衝撃を受けつつも、それほど悲観はしていない様子です。

決算発表直後は好調な10-12月期の業績とベゾス氏のCEO退任という2つの材料をどのように消化したら良いのか迷い乱高下する場面もみられましたが、時間外取引の終盤は小幅高の水準で安定した推移となりました。引き続きベゾス氏がアマゾンに関与し続けるといったコメントや、アップルがティム・クック氏の下でも順調に経営されていることなどが安心材料となったのかもしれません。

Bloombergがまとめたアナリストの目標株価平均:3834.58ドル(2/2時点)

銘柄情報

※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

※本ページでご紹介している銘柄は、当社内売買代金ランキング上位30社(2020/7/1~2020/12/31)の銘柄となります。

※本資料の内容は作成時点のものであり、信頼できると判断した情報源からの情報に基づいて作成したものですが、正確性、完全性を保証するものではありません。本資料に記載の情報、意見等は予告なく変更される可能性があります。

米国株式

SBI証券の米国株式の魅力

総合口座をお持ちでないお客さまはこちら

総合口座を開設する(無料)

米国株式取引をはじめるには

米国株式取引には、外国株式取引専用口座の開設が必要です。最短でお申し込み完了と同時に口座開設が完了し、即日で取引可能となります。
(PCからの開設を推奨しております)

ログインして専用口座を開設する

米国株式関連ページ

免責事項・注意事項

  • ・本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。
  • ・投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。
    ・万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。
    ・本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
  • もっと見る 閉じる
page top