SBI証券

特集レポート FX

注目度大のイベントが目白押し!金融政策の先行きは!?

2019/8/20
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

数値にも表れる景気減速懸念

米中通商問題の先行き不透明感により世界経済の減速懸念が高まる中、米債券市場で8/14に一時10年債利回りが2年債利回りを下回るなど長短金利が逆転し、同様の現象が英債券市場やカナダの債券市場でも生じる事態となりました。

さらに、ドイツでは10年債利回りが-0.73%台へ低下したほか、ドイツやオランダでは8月以降、30年債利回りがマイナス金利へ低下する状況が続いています。

米中貿易問題の影響を背景に、中国では7月鉱工業生産が2002年2月以来の低水準となる前年比+4.8%へ低下、景気減速懸念が数値の上からの確認される状況になっています。

また、8/9に発表された英4-6月期GDPは、当初のEU離脱期限である今年3月末に向けた在庫積上げの反動が大きく影響し、2012年10-12月期以来のマイナス成長となる-0.2%に減速しました。

※出所:中国国家統計局

※出所:英統計局

注目イベントが目白押し!

昨年のドイツのGDPに占める輸出の割合は47%に達しており、中国向け自動車輸出の減少も影響しています。

中国では、7月までの自動車販売台数が12ヵ月連続で減少する中、今年1月から7月までの販売台数は前年同期比-11.4%減、乗用車に限ると-12.8%減と落ち込んでいます。また、中国国内の自動車生産も前年同期比-13.5%と減少しており、ドイツからの部品供給にも影響が及んでいます。

ドイツでは、8/13に発表された8月ZEW景況感指数(期待指数)が2011年12月以来の低水準である-44.1となりました。

4-6月期のマイナス成長に続き、7-9月期の成長率も現状予想でゼロ成長、もしくはマイナスに陥る可能性が懸念されるなど、依然として底入れが見えない状況が続いています。

※出所:独統計局

次回9/12のECB理事会に向けての追加緩和観測を象徴するように、独10年債利回り(-0.7%台)、独2年債利回り(-0.9%台)と長短金利差が縮小しているほか、いずれも民間銀行がECBに預け入れる際の金利(-0.4%)を下回っています。

9/1には、トランプ政権が発動予定の対中制裁関税第4弾が控えており、9/3には、再開される英議会で、EU離脱を巡り合意なき離脱も辞さないジョンソン英首相に対する超党派議員による離脱期限(10月末)の延長や、内閣不信任案などを巡る攻防が本格化します。

その他にも、9/12のECB理事会、9/17-18のFOMC、さらに、9/18-19の日銀政策会合と、大きく相場が変動するイベントが集中しておいます。

ドル円も、8/12の105円05銭を下値に105円割れを回避しているものの、今後の動向次第では105円割れに向けた円高が加速する可能性を払拭したとは言い切れない状況が続いています。

こうした中で、8/22-24にかけて米ワイオミング州ジャクソンホールにて世界の主要各国の中央銀行総裁らが出席するシンポジウムが開催され、8/23にはパウエルFRB議長の講演が予定されています。

米中通商問題、英EU離脱問題、アルゼンチンの政局懸念などの世界的な懸念材料を前に、主要各国による緩和競争が一段と進むのか、またパウエルFRB議長が米国経済や金融政策の先行きに対し、どのような認識を示すのか注目されます。

また、8/24-26には仏・ビアリッツでG7首脳会議が開催されます。

ジャクソンホールでのシンポジウムでの金融政策を巡る議論に続き、政治がどのような対策を講じることができるのか、自由貿易の重要性をトランプ大統領に訴え、どの程度の譲歩を引き出すことができるのか注目されます。

FX

SBI証券のFXの魅力

FXをはじめるには

当社の総合口座をお持ちのお客さまなら、
簡単入力で申込完了から最短1分で開設完了!

ログインして専用口座を開設する

※PCでのお手続きを推奨しております

当社の総合口座をお持ちでないお客さま

総合口座を開設する(無料)

FX関連ページ

ご注意事項

  • ・取引手数料は無料です。
    ・外国為替保証金取引(SBI FX α)の1取引単位は1,000通貨~1,000万通貨単位となります。
    ・個人のお客さまの必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
  • 「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    (必要保証金の額の約1倍~25倍の取引が可能です。)
    ※高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。
    ・法人のお客さまの必要保証金は金融先物取引業協会、及びNEX Data Servicesが算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率(保証金率)を取引金額に乗じて得た金額になります。
    ・為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
    ※保証金率は毎週見直し、適用される保証金率は取引サイト等であらかじめお知らせいたします。
    ・外国為替保証金取引(積立FX)は、1通貨単位から取引が可能です。
    必要保証金は取引金額に保証金率33.334%~100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍~約3倍までの取引が可能です。)
    本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
    本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
    ・本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
    スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
    ・取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。
  • もっと見る 閉じる
page top