SBI証券

特集レポート FX

相次ぐビッグイベントの注目ポイントと課題をまとめてチェック!

2019/10/15
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

米中通商交渉の注目ポイントをまとめてチェック!

・米中通商交渉は部分的合意 トランプ大統領は「第一段階の合意に至った」と表明
・中国の米国産農産物の輸入拡大、中国人民元を巡る通貨政策の透明性などで合意
・10/15から発動予定の対中制裁関税(25%⇒30%)の追加制裁を見送り
・12月発動予定の追加制裁(1600億ドル、15%制裁関税)について結論を先送り
・今後3週間から5週間かけて詳細を詰めて合意文書を作成
・11/16-17のAPEC首脳会議で米中首脳会談の可能性
・合意文書の署名、さらに12月発動予定の追加制裁の行方がカギ
・来年の大統領選まで対中強硬姿勢を維持するか、弱腰批判をかわすかの不透明感
・トランプ大統領「関税による税収増、インフレが起きる状況はない」

米経済指標が悪化する中、ドル円は今後どうなるか?

※出所:SBIリクイディティ・マーケット

・米9月ISM製造業景況指数が10年3ヶ月ぶり、非製造業景況指数も3年ぶりの低水準
・企業の設備投資の先行指標とされる国防や航空機を除いた8月コア資本財受注は前年比1.8%減と2016年10月以来の低水準
・貿易問題の影響は今後も緩やかに米国の指標悪化に現れる可能性も
・FRBは緩和政策を継続しているものの、先々の本格的な景気後退局面でFRBの対応策が限られるほか、昨年トランプ政権が大型減税を講じたことで、今後の景気後退局面で緩和政策がさらに拡大される可能性も後退しているため、米国の今後の指標次第との見方も

※出所:SBIリクイディティ・マーケット

・ドル円は108円63銭まで上昇したものの、上髭の状態が続き、9/18高値(108円48銭)が引き続き意識される展開か?
・髭ではなく実態で108円48銭を上抜け、109円台を回復できるか、また、200日移動平均線が位置する109円07銭、さらに8/1高値(109円32銭)が上値メドとなるか?

英EU離脱交渉の進捗も要注目!

・ジョンソン英首相とアイルランド首相が先週10/10に会談、合意に向けた道筋で見解が一致
・10/11、ポンドが7月1日以来の1.2707ドルへ、ポンド円は6/12以来の137円88銭へ上昇
・10/14には対ドルで1.2515ドル、対円で135円50銭へ反落する場面も一時的
・英政府とEUは月内の合意を実現するには、かなり多くの作業を完遂する必要があるとの指摘
・アイルランド首相、関税などの同意が依然として課題であると指摘
・10/14のエリザベス女王に施政方針演説では10/31にEU離脱を実現したいとするジョンソン政権の意向を強調

今後の課題は?

・今週10/17-18のEU首脳会議で新たな離脱条件で合意を得られるか
・合意を得られたとしても、バックストップ条項の詳細が明らかになっておらず、議会の抵抗で再び否決される可能性も
・英議会が「合意なき離脱」もしくは「離脱協定案」のいずれかの可決が必要で、いずれも可決されない場合、ジョンソン首相は10/19に離脱延期要請の書簡提出をする選択肢も
・「合意なき離脱」「離脱協定案」のいずれも可決されず、ジョンソン首相が離脱延期要請を拒んだ場合、不透明感が増幅
・情勢次第では来週10/21以降、離脱期限の10/31までの間に臨時のEU首脳会議が開かれる可能性
・ポンドは200日移動平均線が位置する対ドルの1.2712ドル、対円の138円71銭が上値抵抗か?

ユーロの注目ポイントは?

今週末10/18に米トランプ政権はEUによる航空機大手エアバスへの補助金に対する対EUの制裁関税を発動する可能性もあり、ユーロは対ドルで一目均衡・日足・雲の下限に位置する1.1148ドル、ユーロ円は一目均衡・日足・雲の上限に位置する119円61銭を上抜けるかが注目される。

FX

SBI証券のFXの魅力

FXをはじめるには

当社の総合口座をお持ちのお客さまなら、
簡単入力で申込完了から最短1分で開設完了!

ログインして専用口座を開設する

※PCでのお手続きを推奨しております

当社の総合口座をお持ちでないお客さま

総合口座を開設する(無料)

FX関連ページ

ご注意事項

  • ・取引手数料は無料です。
    ・外国為替保証金取引(SBI FX α)の1取引単位は1,000通貨~1,000万通貨単位となります。
    ・個人のお客さまの必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
  • 「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    (必要保証金の額の約1倍~25倍の取引が可能です。)
    ※高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。
    ・法人のお客さまの必要保証金は金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率(保証金率)を取引金額に乗じて得た金額になります。
    ・為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
    ※保証金率は毎週見直し、適用される保証金率は取引サイト等であらかじめお知らせいたします。
    ・外国為替保証金取引(積立FX)は、1通貨単位から取引が可能です。
    必要保証金は取引金額に保証金率33.334%~100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍~約3倍までの取引が可能です。)
    本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
    本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
    ・本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
    スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
    ・取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。
  • もっと見る 閉じる
page top