特集レポート FX

【米5月雇用統計】労働市場の底入れ確認でドル円は上昇なるか!?

2020/6/2
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

米5月雇用統計

(非農業部門雇用者数前月比/失業率  等)

発表時間 6/5(金)21:30(日本時間)
前回値 -2050.0万人 / 14.7%
事前予想 -800.0万人 / 19.6%

米5月雇用統計 予想を確認!

  12 1 2 3 4 5月予想
非農業部門 雇用者数(万人) 18.4 21.4 23.0 -87.0 -2050.0 -800.0
失業率(%) 3.5 3.6 3.5 4.4 14.7 19.6
時間給賃金 前月比(%) 0.1 0.2 0.3 0.5 4.7 0.9
時間給賃金 前年比(%) 3.0 3.1 3.0 3.3 7.9 8.5

米4月個人消費支出、小売売上高は統計開始以来最大の低下

先週末発表された米4月個人消費支出は前月比-13.6%と、先に発表されていた米4月小売売上高とともに統計開始以来最大の低下となりました。

新型コロナウイルス感染による外出規制や店舗の営業停止が相次いだことで、小売売上高の減少を裏付けるかたちで個人消費支出も大幅に減少しました。米個人消費支出は米GDPのおよそ70%を占めるだけに、4-6月期GDPの減速への影響が懸念されます。

3月、4月の雇用統計発表時と同様に上昇するか!?

一方、米政府による最大1,200ドルの現金給付により、ネット通販ではウォルマートが2月から4月のネット売上高で過去最大の伸び率を記録したほか、家電量販店やディスカウントストアでもネット通販を通じた売上高の伸びが顕著となりました。

6/5に発表される米5月雇用統計では、就業者数が4月の-2,050万人から-800万人まで改善すると予想される一方、失業率は4月の14.7%から19.6%まで上昇すると見込まれており、個人消費支出や小売売上高への影響が懸念されます。

産業活動の再開による景気回復期待を背景にNY株式市場は大きく上昇しているものの、営業を再開した百貨店やスーパーなどサービス業の就業者数が4月の-1,716.5万人からどの程度回復しているか注目です。また、米国経済のV字回復は見込めないものの、底辺が極端に長いU字回復になるのか、それとも底辺の短いものになるのかを占う上でも、今回の雇用統計は注目されます。

トランプ政権による中小企業向けの給与保証プログラムを通じた失業給付金の対象も自営業者やフリーランサーまで拡大しており、仮に失業率や就業者数が予想以上に悪化した場合でも、個人消費の底入れ期待をつなぎとめることができれば、過度なリスク回避には至らず、ドル円は3月、4月の雇用統計発表時と同様に、発表後に上昇に転じる可能性もあり注目されます。

米労働市場の底入れが確認できれば、ドル円は先週以降、上値抵抗として意識される108円台を回復する可能性もあるかもしれません。

非農業部門雇用者数(万人)の推移

※出所:米労働省

米時間給賃金 前年比(%) 、 前月比(%)

※出所:米労働省

米失業率(%)

※出所:米労働省

FX口座数国内No.1※1【SBIグループで135万口座突破!※2】SBI証券のFXが選ばれる4つの理由とは?

  • ※1 2019年11月末時点 矢野経済研究所調べ(有力FX企業17社の月間データランキング)
  • ※2 2020年5月末時点 SBIグループのうち、約7割がSBI証券のFX口座

4つの理由を詳しくチェック!

即日取引可能!今すぐFXの口座を開設!

FX口座開設

今すぐFXアプリで取引

口座開設前でもレートやチャート機能をご利用いただけます。(無料)

FX

SBI証券のFXの魅力

FXをはじめるには

当社の総合口座をお持ちのお客さまなら、
簡単入力で申込完了から最短1分で開設完了!

ログインして専用口座を開設する

※PCでのお手続きを推奨しております

当社の総合口座をお持ちでないお客さま

総合口座を開設する(無料)

FX関連ページ

ご注意事項

  • ・取引手数料は無料です。
    ・外国為替保証金取引(SBI FX α)の1取引単位は1,000通貨~1,000万通貨単位となります。
    ・個人のお客さまの必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
  • 「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    (必要保証金の額の約1倍~25倍の取引が可能です。)
    ※高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。
    ・法人のお客さまの必要保証金は金融先物取引業協会、及びNEX Data Servicesが算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率(保証金率)を取引金額に乗じて得た金額になります。
    ・為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
    ※保証金率は毎週見直し、適用される保証金率は取引サイト等であらかじめお知らせいたします。
    ・外国為替保証金取引(積立FX)は、1通貨単位から取引が可能です。
    必要保証金は取引金額に保証金率33.334%~100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍~約3倍までの取引が可能です。)
    本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
    本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
    ・本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
    スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
    ・取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。
  • もっと見る 閉じる
page top