225の
『ココがPOINT!』

21,000円を回復した日経平均、その上値余地を探る

2020/5/26
投資情報部 鈴木英之

日経平均株価は5/26(火)に、取引時間中ベースでは3/6(金)以来2ヵ月半ぶりとなる21,000円を回復しました。世界的に、大規模な財政政策や金融政策等が出揃う中、多くの国で経済活動の再開を模索する動きが強まり、景気底入れへの期待が高まっています。そうした中、我が国は、新型コロナウイルスが感染爆発に至ることなく、収束が見通せるような状態になってきました。それを受けて、対新型コロナウイルスを含めた防疫体制について、我が国の対策が再評価される流れになっていることも追い風になっているとみられます。

今回の「225のココがPOINT!」では、21,000円を回復した日経平均株価についてその上値余地を探ってみました。当面、PBR1.1倍水準へ回復すると考えるならば、22,000円超の水準への回復も可能ということになります。

ココがPOINT!

1.日経平均が21,000円を回復

東京株式市場では、じり高局面が続いています。日経平均株価は5/26(火)に、取引時間中ベースでは3/6(金)以来2ヵ月半ぶりとなる21,000円を回復しました。世界的に、大規模な財政政策や金融政策等が出揃う中、多くの国で経済活動の再開を模索する動きが強まり、景気底入れへの期待が高まっています。

世界的にみた場合、新型コロナウイルスの感染拡大は先進国では減速傾向となっているものの、収束まではほど遠い状態で、逆に新興国などでは加速傾向となっている国も多くあるようです。そうした中、我が国は、感染爆発に至ることなく、入院者数が足元で着実に減っており、収束が見通せるような状態になってきました。それを受けて、対新型コロナウイルスを含めた防疫体制について、我が国の対策が再評価される流れになっていることも追い風になっているとみられます。

そうした中、我が国では5/25(月)に緊急事態宣言が全国的に解除となると同時に、100兆円規模の第2次補正予算が検討されていることが報道されました。厳しい数字が目立ち、業績予想の発表を見送る企業が多かった決算発表も終盤を迎えています。後ろ向きな状態が長期化していた投資家心理もようやく、前向きな状態に変わってきたと言えそうです。

日経平均株価の日足チャートは図1のようになっています。4月中旬以降は上値、下値ともにじりじりと切り上がる展開になっています。25日移動平均線自体が日々線の下で徐々に切り上がる展開になっており、5/25(月)現在では両者の間のかい離率に過熱感があまり生じていないことに加え、騰落レシオやRSIでみても過熱感は乏しいようです。

ただ、5/26(火)の上昇をもって、やや目標達成感が強まってきた印象もあります。日経平均株価の1/17(金)高値から3/19(木)安値までの下落幅に対する61.8%(黄金分割比率)戻しの水準が21,152円となっています。すでにPBR1倍を上回り、心理的な節目21,000円を回復した後だけに、短期的には一応の注意が必要そうです。

表1 日経平均株価の値動きとその背景(2020/5/18~2020/5/26)

   日経平均株価 日米株式市場等の動き
終値 前日比
5/18(月) 20,133.73 +96.26 日米で経済再開へ期待。ただし、米中対立先鋭化への懸念が上値を抑制。
5/19(火) 20,433.45 +299.72 前日にNYダウが911ドル高。米社が新型コロナ向けワクチンの初治験で良好な結果。
5/20(水) 20,595.15 +161.70 米国は中国との第1段階の合意は破棄しない意向を示唆。
5/21(木) 20,552.31 -42.84 中国が米大統領選挙に向けて偽情報を流しているとトランプ大統領がツイート。
5/22(金) 20,388.16 -164.15 中国で香港国家安全法の審議が進みそうなことを懸念。
5/25(月) 20,741.65 +353.49 東京など5都道県の緊急事態宣言が解除され、全面的な解除が実現。米市場は休場。
5/26(火) 21,271.17 +529.52 緊急事態宣言解除を受けた買いが継続。香港株高で買い安心感も。

※日経平均株価データ、各種資料をもとにSBI証券が作成。

図1 日経平均株価(日足)と主要移動平均線・おもな出来事

※当社チャートツールをもとにSBI証券が作成。データは2020/5/26取引時間中。

図2 NYダウ(日足)と主要移動平均線・おもな出来事

※当社チャートツールを用いてSBI証券が作成。データは米国時間2020/5/22現在。

図3 ドル・円相場(日足)と主要移動平均線・おもな出来事

※当社チャートツールを用いてSBI証券が作成。データは2020/5/25現在。

表2 当面の重要スケジュール

月日(曜日) 国・地域 予定内容 ポイント
5/26(火) 米国 3月FHFA住宅価格指数  
  米国 3月S&PコアロジックCS住宅価格指数
  米国 5月CB消費者信頼感指数
  米国 4月新築住宅販売件数 市場コンセンサスは52万件(年換算)
5/27(水) 日本 ★決算発表~リクルートHD  
  米国 ベージュブック
  米国 有人宇宙船「クルー・ドラゴン」打ち上げ  
5/28(木) 日本 ★決算発表~大塚HD、日産
  米国 1~3月期GDP改定値
  米国 4月耐久財受注 米民間設備投資の先行指標
5/29(金) 日本 4月失業率・有効求人倍率 前者は1.29倍、後者は2.6%が市場コンセンサス
  日本 4月鉱工業生産
5/31(日) 日本 緊急事態宣言期限  
  中国 5月中国製造業PMI  
6/1(月) 日本 1~3月期法人企業統計
  米国 5月ISM製造業景況指数  
6/3(水) 米国 5月ADP雇用統計
  米国 5月ISM非製造業景況指数
6/4(木) 欧州 ECB定例理事会/ラガルド総裁会見  
  米国 ☆決算発表~ブロードコム  
6/5(金) 米国 5月雇用統計  

表3 日米欧中央銀行会議の結果発表予定日(月日は現地時間)

  2020年
日銀金融政策決定会合 6/16(火)、7/22(水)、9/17(木)、10/29(木)、12/18(金)
FOMC(米連邦公開市場委員会) 6/10(水)、7/29(水)、9/16(水)、11/5(木)、12/16(水)
ECB(欧州中銀)理事会・金融政策会合 6/4(木)、7/16(木)、9/10(木)、10/29(木)、12/10(木)

※各種報道、日米欧中銀WEBサイト等をもとにSBI証券が作成。「予想」は市場コンセンサス。データは当レポート作成日現在。予定は予告なく変更される場合があります。なお、ECB理事会は金融政策の議論・決定を行う会合の日程のみ掲載しました。日付は日本時間(ただし、表3の中央銀行会議の結果発表日程は現地時間)を基準に記載しています。

2.【ココがPOINT!】評価不足を克服し、さらに上昇する可能性も

上記のように、日経平均株価はすでにPBR1倍の水準を上回り、心理的な節目21,000円を回復した後だけに、短期的には一応の注意が必要なようにみえます。しかし実際には、ここが高値になって再び下落する可能性も意外に低く、上値余地を残しているようにみられます。

日経平均株価への寄与度が大きいファーストリテイリング(9983)やファナック(6954)など、上昇基調を維持しながらさらに加速傾向の銘柄がある一方、東京エレク(8035)など三角保ち合いからようやく上放れようとしている銘柄もあります。例えばJR東日本(9020)のように、低水準での保ち合いから上放れた銘柄もあります。個別銘柄レベルでみると、保ち合いを上放れた直後の銘柄、すなわちトレンド転換から上昇しやすいチャート形状の銘柄が多く、「ここから下落する」と予想しにくい銘柄が多いように思われます。

そもそも、日本株を下落に導き、または頭を押さえてきた要因は、単純に、コロナウイルスの感染拡大による不透明感だけではないとみられます。諸外国と比べて感染者数や死亡者数が少ないというデータがありながら、数字に信ぴょう性が乏しく、むしろ近い将来感染爆発を招き「2~3週間後にはNYと同様になる恐れがあるのでは」と疑われ、正当な評価を得られなかったことも大きいように思われます。外国からの評価にとどまらず、国内でも、政府の対策の多くは批判され、黒川前東京高検検事長問題もありますが、朝日新聞や毎日新聞の調査では安倍内閣の支持率は危機的な20%台に落ち込んでいます。今でも、国の内外で、日本に感染爆発が起きなかったのは運が良い程度にしか思われていないように感じます。

また長期的には、資本の蓄積に対する無理解という側面もありそうです。図4は日経平均とそのPBR0.8倍、0.9倍、1倍、1.1倍、1.2倍、1.3倍相当線を比べてグラフ化してきたものです。このグラフからご理解いただける通り、PBR1倍相当水準すなわち、日経平均のBPS(1株純資産)は上昇傾向を辿ってきましたが、逆にPBRは低下傾向となっていました。日本企業は資本の蓄積に成功してきましたが、資本効率を重視する世界的な流れの中では、高い評価を受けなかったと考えられます。

しかし、二大経済大国である米国と中国の貿易摩擦が激しくなってきたことに加え、世界に瞬時に広がる感染症の恐怖が現実化する中で、期待されたキャッシュフロー獲得が不確実となり、企業の存続を確かなものにするためにも、資本蓄積の重要性が再認識され、国際的にPBRの低い日本企業が再評価されてくる可能性も小さくないとみられます。

ちなみに、過去20年間の中で、日経平均のPBRが1倍を割れた局面は、赤丸で囲まれた部分となっています。PBRが1倍を下回る局面では、市場の恐怖心が増幅し、株価急落の後に、1倍を割ることが多く、月足レベルではPBR0.92~0.93倍がボトムになっています。今回の下げでも3月の0.92倍がボトムでした。このように、PBR1倍水準を大きく割り込んだ後、戻る場面では少なくとも1.1倍程度まで戻り、中期的には1.3倍程度まで戻るのがパターンになっています。その意味でも、日経平均には上値余地が残っているように思われます。5/25(月)現在の日経平均株価のPBR1.1倍ラインは22,368円と計算されますが、近い将来にその程度まで戻っても不思議ではないと思われます。

図4 日経平均株価とPBR(株価純資産倍率)(月足)

※日経平均株価データをもとにSBI証券が作成

相場が大きく動いたら?

SBI証券なら多彩な商品群で取引チャンスを逃がしません!

先物・オプション取引

SBI証券の先物・オプション取引の魅力

先物・オプション取引を
はじめるには

先物・オプションのお取引には、先物・オプション取引口座の開設が必要になります。

ログインして専用口座を開設する

※PCでのお手続きを推奨しております

当社の総合口座をお持ちでないお客さま

総合口座を開設する(無料)

先物・オプション取引関連ページ

信用取引のご注意事項

  • ・信用取引に関するリスク
    信用取引は、差し入れた委託保証金額の約3倍の取引を行うことができます。そのため、現物取引と比べて大きなリターンが期待できる反面、時として多額の損失が発生する可能性も含んでいます。また、信用取引の対象となっている株価の変動等により、その損失の額が、差し入れた委託保証金額を上回るおそれがあります。この場合は「追加保証金」を差し入れる必要があり状況が好転するか、あるいは建玉を決済しない限り損失が更に膨らむリスクを内包しています。
    追加保証金等自動振替サービスは追加保証金が発生した際に便利なサービスです。
  • ・信用取引の「二階建て」に関するご注意
    委託保証金として差し入れられている代用有価証券と同一銘柄の信用買建を行うことを「二階建て」と呼びます。当該銘柄の株価が下落しますと信用建玉の評価損と代用有価証券の評価額の減少が同時に発生し、急激に委託保証金率が低下します。また、このような状況下でお客さま自らの担保処分による売却や、場合によっては「追加保証金」の未入金によって強制決済による売却が行われるような事態になりますと、当該株式の価格下落に拍車をかけ、思わぬ損失を被ることも考えられます。よって、二階建てのお取引については、十分ご注意ください。
  • もっと見る 閉じる

先物・オプション取引の免責事項・注意事項

  • ・本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社、および情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製、または販売等を行うことは固く禁じます。
  • ・必要証拠金額は当社SPAN証拠金(発注済の注文等を加味したSPAN証拠金×100%)-ネット・オプション価値(Net Option Value)の総額となります。

    ・当社SPAN証拠金、およびネット・オプション価値(Net Option Value)の総額は発注・約定ごとに再計算されます。

    ・SPAN証拠金に対する掛け目は、指数・有価証券価格の変動状況などを考慮のうえ、与信管理の観点から、当社の独自の判断により一律、、またはお客さまごとに変更することがあります。

    ・「HYPER先物コース」選択時の取引における建玉保有期限は新規建てしたセッションに限定されます。必要証拠金額はSPAN証拠金×50%~90%の範囲で任意に設定が可能であり、また、自動的に決済を行う「ロスカット」機能が働く取引となります。

    先物・オプションのSPAN証拠金についてはこちら(日本証券クリアリング機構のWEBサイト)
    ・指数先物の価格は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより損失を被ることがあります。市場価格が予想とは反対の方向に変化したときには、比較的短期間のうちに証拠金の大部分、またはそのすべてを失うこともあります。その損失は証拠金の額だけに限定されません。また、指数先物取引は、少額の証拠金で多額の取引を行うことができることから、時として多額の損失を被る危険性を有しています。

    ・日経平均VI先物取引は、一般的な先物取引のリスクに加え、以下のような日経平均VIの変動の特性上、日経平均VI先物取引の売方には特有のリスクが存在し、その損失は株価指数先物取引と比較して非常に大きくなる可能性があります。資産・経験が十分でないお客さまが日経平均VI先物取引を行う際には、売建てを避けてください。

    ・日経平均VIは、相場の下落時に急上昇するという特徴があります。

    ・日経平均VIは、急上昇した後に数値が一定のレンジ(20~30程度)に回帰するという特徴を持っています。

    ・日経平均VIは、短期間で急激に数値が変動するため、リアルタイムで価格情報を入手できない環境での取引は推奨されません。

    ・指数オプションの価格は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより損失を被ることがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。買方が期日までに権利行使又は転売を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。売方は、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。また、指数オプション取引は、市場価格が現実の指数に応じて変動しますので、その変動率は現実の指数に比べて大きくなる傾向があり、場合によっては大きな損失を被る危険性を有しています。

    ・未成年口座のお客さまは先物・オプション取引口座の開設は受付いたしておりません。

    ・「J-NETクロス取引」で取引所 立会市場の最良気配と同値でマッチングする場合、本サービスをご利用いただくお客さまには金銭的利益は生じないものの、SBI証券は取次ぎ手数料をSBIジャパンネクスト証券から受取ます。

    ・J-NETクロス取引の詳細は適宜修正される可能性がありますのでご留意ください。
  • もっと見る 閉じる
page top