特集レポート

【マーケット・フラッシュ】「トランプ大統領が新型コロナ陽性」で今後はどんなシナリオがあるのか?

2020/10/2
投資情報部 鈴木 英之

10月相場は波乱となる可能性に注意したいと思います。10/1(木)は東証のシステム障害で全銘柄が売買停止という文字通り波乱のスタートとなりましたが、10/2(金)は米国より、トランプ大統領夫妻が新型コロナウイルスの感染について「陽性」とのニュースが伝わってきました。前日の米国株が上昇したこともあり、この日の日経平均株価は一時、9/30(水)終値(10/1終値は9/30終値と同一水準に設定)比180円高水準まで上昇しましたが、午後このニュースが入ると売りが膨らみ、結局155円安水準で取引を終えています。

現在、トランプ大統領の健康状態は良好とのことですが、今後は隔離状態に置かれるため、選挙活動には大きな制約がでてきそうです。ただ、米大統領選挙について、同国世論調査等を総合的に勘案すればバイデン氏が優勢であり、その意味では大勢に変化が生じる可能性は小さく、波乱は限定的になる可能性があります。

ただ、新型コロナウイルスは高齢者において重篤化しやすいので、トランプ大統領が74歳の高齢になっていることからも、油断はできないことになります。また、テレビ討論で近くにいたバイデン氏に万が一感染しているようなことになると、混迷に拍車をかけることになりそうです。新型コロナウイルスの感染拡大が郵便投票の利用に拍車をかけ、そのことがさらなる混乱助長につながる可能性にも留意したいところです。

10/2(金)の雇用統計(9月)の発表に続き、米国は決算発表のシーズンとなるため、もともと投資家はリスクを取りにくい季節となるとみられます。そのタイミングで、新型コロナウイルスへの現職大統領の感染という不透明な要因が生じ、今後さまざまなシナリオが想定されるため、当面は慎重な投資スタンスをとることが重要と思われます。

前向きな期待としては、トランプ大統領自身が新型コロナウイルスに感染したことで、過激な発言が後退し、新型コロナウイルスへの対応が妥当なものに近づいていく可能性も指摘されます。この場合、米国は新型コロナウイルスとの戦いで良い方向に向かっていく可能性が強まることになります。

関連商品

日経平均がどちらに動くかを予想して、利益を狙える!

コード 銘柄名
1570 NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信

株価 取引

1357 NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信

株価 取引

1360 日経平均ベア2倍上場投信

株価 取引

1579 日経平均ブル2倍上場投信

株価 取引

1321 日経225連動型上場投資信託

株価 取引

相場が大きく動いたら?

SBI証券なら多彩な商品群で取引チャンスを逃がしません!

国内株式

SBI証券の国内株取引の魅力

当社でのお取引が初めての方

まずは総合口座を開設してください

総合口座を開設する(無料)

免責事項・注意事項

  • ・本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
    重要な開示事項(利益相反関係等)について
  • <手数料等及びリスク情報について>
    ・当社の取扱商品は、各商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引、外国為替保証金取引、取引所CFD(くりっく株365)では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等およびリスク情報につきましては、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ及び金融商品取引法に係る表示並びに契約締結前交付書面等の記載内容をご確認ください。
    金融商品取引法に係る表示はこちら
  • もっと見る 閉じる
page top