SBI証券

PTS[昼・夜]

目次

PTSとは

PTS(Proprietary Trading System)とは、証券取引所を経由せずに株式の売買ができる「私設取引システムにおける取引」のことです。

PTSのメリット

1.朝8時20分から夜23時59分まで取引可能

取引所と、SBIのPTSサービスの取引可能時間

証券取引所の取引時間外もお取引が可能。夜間帯では、17:00~23:59に企業の決算内容や世界中のニュースを見ながらリアルタイムにお取引いただけます。
*信用取引の取引時間は9:00~11:30、12:30~15:00です。

2.取引所よりも有利な価格で取引できるチャンス

PTS(J-Market)では取引所と比べて、呼値が最小1,000分の1単位のため、より細かな値段を指定した注文が可能です! また、取引所とPTSの取引時間が重なる時間帯では、複数市場から最良の市場を選択して注文を執行するSOR(スマート・オーダー・ルーティング)により、東証の最良気配よりも有利な価格で取引できる可能性があります。

3.PTSは手数料が安い!

現物PTS取引

1注文の約定代金 PTS取引手数料
~5万円まで 47円(税込51円)
~10万円まで 86円(税込94円)
~20万円まで 100円(税込110円)
~50万円超 238円(税込261円)
~100万円まで 462円(税込508円)
~150万円まで 553円(税込608円)
~3,000万円まで 876円(税込963円)
3,000万円超 924円(税込1,016円)

信用PTS取引

1注文の約定代金 PTS取引手数料
~10万円まで 86円(税込94円)
~20万円まで 128円(税込140円)
~50万円まで 171円(税込188円)
50万円超 333円(税込366円)

PTSの取引手数料は取引所手数料(スタンダードプラン)よりも安く、注文の約定代金が5万円までなら手数料はたったの47円(税込51円)*となります。
*スタンダードプランを選択されているお客さまに限ります
*現物PTS取引の場合

PTSのお取引方法

PCの場合

PCの場合、取引画面において「国内株式 > 新規注文/PTS」とお進みいただくと、PTS取引画面が表示されます。

スマートフォンの場合

スマートフォンのSBI株アプリ、またはWebの取引画面においてプルダウンでPTSをご選択いただくと、PTS取引でお取引できます。

PTS関連ページ

まだSBI証券口座をお持ちでない場合

総合口座を開設する(無料)

国内株メニュー

ご注意事項

page top