SBI証券

SBI証券の外国株式・海外ETF

投資可能な国一覧

もっと見る

外国株式投資の魅力

魅力1

SBI証券なら米国市場だけではなく、
新興国の成長メリットも享受できる!

魅力2

競争力が強く、
売上の成長力が高い企業が多い!

魅力3

株主還元が手厚い企業が多い!

日本国内株式 米国株式
購入単位 100株単位・1000株単位 1株
値幅制限 上限・下限あり なし
配当の回数 年1〜2回が多い 年4回が多い

外国株式投資をはじめるなら
米国株式投資がおすすめ!

SBI証券の米国株式では、世界最大の取引所であるニューヨーク証券取引所での取り扱い銘柄をはじめ、多くの銘柄のお取引が可能です。

優良企業が数多く存在する米国では、配当金をはじめとした株主還元を積極的に行う企業が多く、さらに米国株式は1株から購入可能なので、少額でも株主になることができます。

魅力1 「定期的」に「忘れず」
買付できます!

米国株式・ETF定期買付サービスは、お客さまが銘柄毎に指定した設定内容を元に、設定株数、または設定金額以内の単元株を定期的に買付する米国株式の新しい投資スタイルです。SBI証券では、米国ETFのNISA買付の手数料が無料なので、NISA枠を利用した定期買付がオススメです。

定期買付サービスについて

NISAについて

魅力2 SBI証券の米国株式は
テーマでも探せる

米国株式投資をするうえで、関連企業をテーマ毎に探せる新サービスが誕生。「バフェット関連株」、「トランプ政策恩恵銘柄」などテーマに関連した銘柄をすばやく検索することができます。

米国テーマ・キーワード検索

魅力3 SBI証券の米国株式は
貸株サービスで
金利が受け取れる!

SBI証券は、日本国内で唯一米国株式等の貸株サービスに対応しております。米国株式を貸し出したままでも配当金を逃さずに、さらに金利を受け取ることができます。

米国貸株サービス(カストック)

もっと詳しく米国株式を知るなら

総合口座をお持ちでないお客さまはこちら

総合口座を開設する(無料)

外国株式取引をはじめるには

外国株式取引には、専用口座の開設が必要です。最短でお申し込み完了と同時に口座開設が完了し、即日で取引可能となります。
(PCからの開設を推奨しております)

ログインして専用口座を開設する

よくあるご質問

  • Q
    外国株式取引の開始基準はありますか?
    A

    口座開設基準は以下のとおりです。
    ・ インターネット取引口座を開設されていること。
    ・ 「外国株式取引に関する説明書」および「為替取引に関する説明書」の内容をご理解いただいていること。
    ・ 米国人・グリーンカード(米国永住権)保有者・米国居住者でないお客様。
    ※ 国籍登録がお済みでない方は、ご登録完了後にお申し込みください。

  • Q
    外国株式は特定口座で取引可能ですか?
    A

    平成28年(2016年)から外国株式の特定口座でのお取引が可能となりました。
    詳細は「外国株式における特定口座対応のお知らせ」をご参照ください。

  • Q
    外国株式の口座管理手数料は必要ですか?
    A

    当社では無料とさせていただいております。

  • Q
    外国株式の各国の手数料体系は?
    A

    外国株式の委託手数料体系は以下のとおりとなります。

    米国 1注文あたりの約定代金×0.45%(税込0.486%)
    ・最低手数料:5米ドル(税込5.4米ドル)
    ・上限手数料:20米ドル(税込21.6米ドル)
    中国 1注文あたりの約定代金×0.26%(税込0.2808%)
    ・最低手数料:47香港ドル(税込50.76香港ドル)
    ・上限手数料:470香港ドル(税込507.6香港ドル)
    韓国 1注文あたりの約定代金×0.9%(税込0.972%)
    ・最低手数料:9,000韓国ウォン(税込9,720韓国ウォン)
    ※上限はありません。

    その他の国の手数料
    詳細はこちら

もっと見る

ご注意事項

  • <手数料等およびリスク情報について>
    外国株式のお取引にあたっては、所定の手数料がかかります(手数料はお客さまの取引コース、取引チャネルや外国有価証券市場等により異なることから記載しておりません)。外国株式の取引は、株価や為替市場の変動等により損失が生じるおそれがあります。詳しくは、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示、または上場有価証券等書面をご確認ください。
page top