SBI証券

特集レポート

【マーケット・フラッシュ】原油価格高騰でメリット、デメリットを受ける株をチェック

2019/9/17
投資情報部 鈴木 英之

サウジアラビアの石油施設への攻撃のニュースを受け、9/16(月)の原油価格は急騰しました。米国のWTI原油先物価格は、一時63.34ドル/バレルと9/13(金)の54.85ドル/バレルから15%強値上がりし、約4ヶ月ぶりの高値をつけました。1日の値上がり幅としては1991年の湾岸戦争以来の大きさでした。これを受けて株式市場はNYダウで142ドル下落しましたが、エクソンやシェブロンなどの石油株は買われました。

報道によれば、サウジ外務省は同国の原油生産量が半減したと発表しています。またサウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは、迅速な生産再開は難しいとの見方を強めており、施設の全面復旧には数週間から数ヶ月かかかるのではとの見方が市場には広がっています。サウジの減産分は世界の石油供給量の5%に相当するうえ、サウジ以外に大きな供給余力を持つ国は無いうえ、今後の中東情勢にも大きな懸念が生じたため、今後の原油価格は高止まりあるいは上昇する可能性も膨らんできました。

そこで、原油価格上昇でメリットを受ける業界(企業)、逆にデメリットを受ける業界(企業)をまとめてみました。

<メリット組>
(1)原油産出会社;原油価格上昇がすぐに製品価格の上昇に結びつくためメリットが大きいと考えられる。
企業名:国際石油開発帝石(1605)、石油資源開発(1662)、富士石油(5017)、JXTGホールディングス(5020)、三井物産(8031)、三菱商事(8058)など
(2)石油開発関連会社:プラント建設会社が受注増加のメリットを受ける可能性があるが、時間はかかる可能性が大きい。

<デメリット組>
(1)航空会社;燃料価格上昇がコスト高に直結する可能性が大きい。
企業名:日本航空(9201)、ANAホールディングス(9202)
(2)海運会社、陸運会社(トラック);同様にコスト高となることが多い。
(3)電力、ガス会社;同様に一時的にコスト高となるが、その後は電力、ガス価格の上昇で補える可能性がある。
(4)重油多消費型産業;紙パルプ、化学など。

関連商品

日経平均がどちらに動くかを予想して、利益を狙える!

コード 銘柄名
1570 NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信

株価 取引

1357 NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信

株価 取引

1360 日経平均ベア2倍上場投信

株価 取引

1579 日経平均ブル2倍上場投信

株価 取引

1321 日経225連動型上場投資信託

株価 取引

相場が大きく動いたら?

SBI証券なら多彩な商品群で取引チャンスを逃がしません!

国内株式

SBI証券の国内株取引の魅力

当社でのお取引が初めての方

まずは総合口座を開設してください

総合口座を開設する(無料)

免責事項・注意事項

  • ・本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
    重要な開示事項(利益相反関係等)について
  • <手数料等及びリスク情報について>
    ・当社の取扱商品は、各商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引、外国為替保証金取引、取引所CFD(くりっく株365)では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等およびリスク情報につきましては、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ及び金融商品取引法に係る表示並びに契約締結前交付書面等の記載内容をご確認ください。
    金融商品取引法に係る表示はこちら
  • もっと見る 閉じる
page top